片付け・ハウスクリーニングをする


不動産会社に物件を売り出しますと、内覧者が訪れ、実際に家を買うかどうかを検討します。その時、家の中が綺麗になっているか、はたまた汚れた状態なのかによって、今後制約が決まるかどうかが変わってきます。要は、内覧者に対して家を買いたいと思わせるような準備をしなければいけないという事です。

基本はすっきりとしたイメージを与える事が大切です。住んでいる家を売却するとなると、すべてを処分して空き家の状態で見せる事は出来ません。しかし、実家を借りたり、トランクルームを使用したりと、ものを減らして、すっきりした状態にする事は不可能ではありません。
家のリフォーム内覧者が家の中をみて感じ取る一つの要素として、室内が広いか狭いかです。家具が置いてあると当然室内は狭く見えてしまいますので、少しでも片付けてものを減らし、内覧者に対して広い家だと判断してもらう事が重要です。

また、ハウスクリーニングも重要な準備です。
長年住んでいた家ですと、ご自身でする簡単な掃除では綺麗にできない汚れが付いていたりします。
そういった汚れに対してはハウスクリーニングを依頼し、綺麗に掃除してもらうように準備しましょう。
これから多額の不動産取引をするので、比較的安いハウスクリーニングの金額は必要経費と考えられるはずです。



一括査定サービスを使う


高く家を売るためには、一括査定サービスを利用すると便利です。家を高く売るためには、ある意味第一歩ともいえるサービスの一つで、これは家を売る時に最適な不動産業者を見つけるのに適したものです。すなわち、様々な不動産業者に査定をお願いするという事と同様の意味があり、それを手軽に行えるサービスという認識で良いでしょう。

見積書と電卓とボールペン一括査定サービスは、ご自身が売りたいと思っている物件の所在地や間取り、築年数などの情報を一つ一つ入力すると、その物件に適している不動産業者が表示されます。
不動産の取引に慣れていなかったり、あまり詳しい知識を持っていなかったりする人でも、簡単に不動産業者をふるいにかけられる便利なシステムです。
ただ、そこで表示される不動産業者をそのまま鵜呑みにして決定するのではなく、そこからさらに業者を選ぶ必要があります。

それぞれの不動産会社の査定額を見る事ができたなら、その根拠を聞くようにしましょう。
どういった点がプラスに働いていて、マイナスの評価となる部分はどこなのか聞きます。
具体的に詳細を伝えてくれる会社は、比較的信頼性が高いと判断できます。
対して、根拠があいまいな説明しかしてくれない不動産会社に関しては、契約のためだけに高い査定額を出している可能性があるため、注意が必要です。



高く家を売るために


所有している物件を少しでも高く売るためにはいくつか意識したいポイントがあります。当サイトでは、高く家を売るためのコツを紹介しています。
マンション何より基本となりますのは、複数の不動産業者に家の査定をしてもらう事です。
これは家を高く売るためには重要な事で、不動産業者によって査定の方法などに違いがあるため、この対応が必要となります。
一般的には、不動産業者による査定価格は10%程度の違いがあるとも言われており、高額の家となりますと、多額の売却金の差が生まれる可能性があります。
そのため、一件でも多くの不動産業者に査定をお願いし、最も高く査定額をつけてくれたところに、家を売るという事が、高く売るためには重要なポイントとなるのではないでしょうか。

また、不動産業者の査定によって金額が左右するのが大きな要素ではありますが、売主も自ら対応すべき部分はいくつかあります。
例えば、家の第一印象を良くする事です。パッと不動産業が物件を見た時、良い印象を持ってもらう事も重要です。そのためには、不要なものを片付けたり、あらかじめお花を飾っておいたりするように細かな演出も査定額に影響する可能性があります。多額の費用をかけてまで何かしらの工夫をする必要はありませんが、少なくとも第一印象を悪くしてしまうような要素を残しておく必要はありません。
どれだけ良い物件であったとしても、第一印象が悪いだけで不動産業者が算出する査定額に影響する心配があります。



ˆ Back To Top