片付け・ハウスクリーニングをする


不動産会社に物件を売り出しますと、内覧者が訪れ、実際に家を買うかどうかを検討します。その時、家の中が綺麗になっているか、はたまた汚れた状態なのかによって、今後制約が決まるかどうかが変わってきます。要は、内覧者に対して家を買いたいと思わせるような準備をしなければいけないという事です。

基本はすっきりとしたイメージを与える事が大切です。住んでいる家を売却するとなると、すべてを処分して空き家の状態で見せる事は出来ません。しかし、実家を借りたり、トランクルームを使用したりと、ものを減らして、すっきりした状態にする事は不可能ではありません。
家のリフォーム内覧者が家の中をみて感じ取る一つの要素として、室内が広いか狭いかです。家具が置いてあると当然室内は狭く見えてしまいますので、少しでも片付けてものを減らし、内覧者に対して広い家だと判断してもらう事が重要です。

また、ハウスクリーニングも重要な準備です。
長年住んでいた家ですと、ご自身でする簡単な掃除では綺麗にできない汚れが付いていたりします。
そういった汚れに対してはハウスクリーニングを依頼し、綺麗に掃除してもらうように準備しましょう。
これから多額の不動産取引をするので、比較的安いハウスクリーニングの金額は必要経費と考えられるはずです。


ˆ Back To Top